2014年03月16日

第564回「わがまま王子の憂鬱」











むかしむかし、あるところに、とってもわがままな王子がいました。人のいうことをきかず、なんでも自分の思い通りにしないと気が済まない、とてもわがままな王子。そんな王子が、どうしてもやりたいことがありました。





「そんなことしてはいけません!この国に時計はひとつしかないんです!」





「なぜ時計は思い通りにならない?」





「なにを言ってるんですか、時計とはそういうものです!王子のいうとおりに動かしたら、大変なことになってしまいます!」





窓から時計台を眺めながら、王子はため息をもらしました。どうしてあの時計は思い通りにならないのだろう。どうしたらあの時計の針を動かすことができるのだろう。この世のものはなんでもいうことをきくのに。





「運動会?!」





執事は目を丸くしました。





「そうだ、運動会だ。この国のみんなで運動会をするんだ!」





王子のわがままがはじまりました。さすがに執事もこんなわがままははじめてでした。





「運動はからだにいいことだ。競うことで団結力も生まれる。悪いことではないだろう?」





そうして国をあげての運動会へと、準備がはじまりました。





「運動会?」





町のみんなは大きな張り紙に釘付けです。





「全員参加らしいぞ!」





「賞品もあるみたいだぞ!」





「俺、綱引きなら自信あるぞ!」





そして、運動会の日がやってまいりました。今日ばかりは、町の者はみな仕事をせず、運動会に参加します。王子は朝からそわそわしていました。それは、運動会があるからではありません。





「よし、いこう!」





運動会がはじまると、王子はだれもいない丘へ向かいました。





「高いなぁ…」





空にまっすぐのびる時計台を見上げています。運動会で町のみんなが気を取られている間に、時計を動かしてしまおうという魂胆でした。時計台の扉をあけ、らせん状にのびる階段をあがっていきます。





「ふー、こんなに高いとは…」





頂上にでると、素晴らしい景色が広がっていました。そこから、運動会の様子も見えました。





「いまなら、だれも、気付くまい…」





王子は手を伸ばすと、大きな針をゆっくり動かしました。





「すべて、僕の思い通りだ…」





時計の針が不自然に動いたことは、だれも、気づきませんでした。





「王子!どこへ行かれてたんですか?!」





王子の顔は埃だらけで黒ずんでいます。それでも王子はやりたいことができて満足げでした。王子にとって世界は、自分のものでした。





「次は、あの国旗だ…」





王子は、これまで代々受け継がれてきた国のマークさえも変えたくなりました。





「次の運動会はいつにしようか」





王子は、変えたいものがあると、運動会を開きました。この国の大切なことはすべて、運動会の間に変えられてしまいました。王子の思い通りにならないものは、もう、なにもありませんでした。














13:15